経営戦略シリーズ
番   号 題             名
No.8−21   経営戦略シリーズ1  (20分)
   「あのルシードを生んだ先進性と差別化戦略」
 株式会社マンダム・・・・男性化粧品メーカーのマンダムは、大手との徹
                底した差別化でその地位を築き上げた。コンビ
                ニエンスストアという新しい販売チャンネル。そ
                してムース・ルシードという今までなかった製品
                の開発がそれだった。その発想の源は、全員
                参画の経営という企業風土にあった。
No.8−22   経営戦略シリーズ2  (20分)
   「市場構造の劇的変化に切り込むニッチャー戦略」
 江崎グリコ株式会社 冷凍事業本部
       アイスクリーム業界は、長期にわたって乳業三社といわれる森
      永・明治・雪印の独占市場の状態だった。後発で参入したグリコ
      は、消費者の変化、販売拠点の変化を的確に捉え、量販店など
      の新たなチャンネルを狙ったマルチパックというユニークなコンセ
      プトの商品で業界トップの座を手に入れた。
No.8−23   経営戦略シリーズ3 (20分)
   「業界常識を越えた専門職の企業内組織化で急成長」
 株式会社日商インターライフ
       旧態依然とした下請工事業界。日商インターライフは、組織拡
      大が難しいといわれていたこの業界で、独立採算性の小部門を
      作ることによって、その組織拡大に成功した。組織のスケールメ
      リットを活かすことで、工期対応力と工事対応力で差別化を図る
      ことができる。そして、みるみるうちに成長し、設立15周年にし
      て、店頭公開まで果たした。
No.8−24   経営戦略シリーズ4 (20分)
   「“サービスは人”に集約したSSの新流通戦略」
 MK石油株式会社
     MK石油は、西日本一のガソリンスタンドである。他社よりも、高
     いガソリンを売ることで、サービスの充実を図る。また、SS(サー
     ビスステーション)を地域の流通拠点として捉え、業界の多角化
     を図る。このような活動によって、他社より高い給与を支払うこと
     ができ、社員のやる気を引き出すことができる。「SS冬の時代」
     と言われる現在、尚一層活気を見せている。
No.8−25   経営戦略シリーズ5 (20分)
   「業界常識を打ち破る価格破壊とイメージ戦略」
 株式会社はせがわ
     お仏壇業界は、古くから職人さんの手によって、ひとつひとつ丁
     寧に作られるものだった。しかし、長谷川社長は、「日本の心、お
     仏壇の心を多くの人に伝えたい」という信念のもと、それまでの半
     額でできる生産システムを作った。また、明るい店舗イメージづく
     り、明るいテレビCM等で業界常識を革新し、急成長を遂げた。
No.8−26   経営戦略シリーズ6  (20分) 
   「業界のパイオニアにして、なお企業革新」
 株式会社ふくや
     「生ものである明太子は、製造者が責任をもって直接消費者に
     届けなければならない」というポリシーのもと、福岡県内の直営店
     でのみ販売してきたが、問屋を通して販売しているライバル企業
     にトップの座を明け渡すこととなった。そこで、SISによる通信販
     売という新たな販売チャンネルで老舗の意地を見せた。
No.8−27   経営戦略シリーズ7 (20分)
   「大手がなし得なかった新市場構造」
 株式会社ハウスオブローゼ
     自然化粧品を中心に扱う化粧品メーカーであるが、小売店チェ
     ーンとしてその事業展開を行い、着実に成長している。「人間対
     人間」の販売を大切にし、大手メーカーとは、全く違った方法で戦
     うのが、ハウスオブローゼのやり方だった。また、化粧品とも石
     鹸・洗剤とも違った新たな市場を創造しようとしている。
 
No.8−28   経営戦略シリーズ8 (20分) 
   「情報発信力強化で実現した卸の新存在価値」
 株式会社サンエス
     卸売業の存在意識が問われている今日、流通菓子卸売業の
     サンエスは物流システムの改善・効率化と情報提供力を軸に卸
     売業の新たな価値を創造している。本社ビルに「プラザシーズ」
     という情報コーナーを設け、売れ筋ベスト300やスーパーの売り
     場を再現した陳列提案など、卸売業でしかできない新たな試み
     を行っている。
No.8−29   経営戦略シリーズ9   (20分)
   「生存領域の限定と企業内イノベーションで勝ち進む」
 マックス株式会社
     ホッチキスで有名なマックスは、「とじる・打つ・描く」と生存領域
     を明確にし、事業展開を図ってきた。事務用品部門では、今まで
     の販売形態に加え、小売店に直接訪問する提案営業による販売
     体制を導入した。小売店からの要望や、消費者の声を直接聞け
     るようになり、商品開発にもその声が活かされた。そんな声をもと
     に生まれたのが、平らにとじることができる「フラットクリチン」とい
     うホッチキスだった。
No.8−30   キャッシュフロー時代を勝ち抜く
   「強い会社をつくる経営・財務戦略」
 (各30分)
   1.経営理念編  −大きさよりも、強い会社を実現する−
      ○強い会社の条件
      ○経営の考え方を転換する
      ○強い会社を作る経営
   2.自社診断編  −強みを活かし、弱みを克服する−
      ○敵を知り、己を知れば百戦危うからず
No.8−31   不況を乗り切る経営戦略シリーズ    (各25分)
   第1巻 会社の価値を高める財務戦略                   ○会社の価値をはかる2つのグローバル・スタンダード 
      ○現在の自社の価値を知ろう 
      ○おカネが無駄なところに寝ていませんか 
   第2巻 成功する新規事業戦略−6つの条件
      ○今こそビジネスチャンスの時代
      ○価値観の変化を示す3つのキーワード
      ○新規事業に欠かせぬ3つの意識
      ○新規事業で押さえる3つのポイント
   第3巻 勝ち残りのマーケティング戦略−増客実現の法則
      ○不況に勝ち残る企業とは
      ○増客実現の法則
No.8−32   社員が変わる経営が変わる
     「成果目標管理」による人事戦略」

   第1巻 人事制度編「成果主義」をいかに定着させるか
   第2巻 人材活用編「成果目標」が社員の実力を引き出す 
No.8−33   経営変革の視座  
   第1巻 変革への挑戦
       (株)加ト吉 代表取締役会長兼社長 加 藤 義 和
   第2巻 構造改革と日本経済
       慶應義塾大学 教授 榊 原 英 資
   第3巻 時代の変化と企業経営
       (株)リコー 代表取締役会長 浜 田   広
   第4巻 創造性とは何か?
       創出経験の内省から見た創造の構図
       本田技研工業(株) 元社長 久 米 是 志
No.8−34   時代が変わる 社会が変わる
  これからの10年経営の知恵 
   〜デフレ経済編〜
      第1巻 定率成長経営から定額成長経営へ
   〜高度情報化変〜
      第2巻 狩猟隊長型リーダーから羊飼い型リーダーへ
No.8−35   企業克服への道
    
松下幸之助に学ぶ指導者の条件   
   第1巻 非常事態宣言
   第2巻 是々非々の決断
   第3巻 営業本部長代行      
No.8−36   強い企業になる法 
  T.(1・2巻セット) 
   第1巻 強い企業はこうしてつくれ!
    堀  紘 一 (株)ドリームインキュベータ 代表取締役社長

     @「撒き餌」と「回収エンジン」
     A「プラス思考」と「マイナス思考」
     B「ほめる」か「叱る」か
     C「学習する組織」への進化
   第2巻 企業事例に学ぶ成功のポイント
    伊 藤 元 重  東京大学大学院経済学研究所 教授
     @総論〜かつての成功体験は通用しない
     A企業が生き残る3つの方法
     B生き残りのためのポジショニング
     C深堀商法と付加価値ビジネス
  U.(3・4巻セット)
   第3巻 成功の鍵は発想の転換にあり
    日 下 公 人  東京財団 会長

     @人間大事の会社づくり
     A経営の技術革新
     B知っておきたい!ヒット商品のつくり方
   第4巻 理念が独自性を生む
    宮 田 矢八郎  産能大学経営学部 教授

     @理念とは何か〜その5つの機能
     A自己実現と理念の形成〜経営者の自己実現が理念を生む
     B開発の着眼点〜理念が独自性を生む
     C開発と創造の技術
No.8−37
  

  挑戦し続ける企業になる法 
   第1巻 リーダーのための「大局観」
    中 谷  巌  多摩大学学長、UFJ総合研究所理事長
     @マクロ的視点から見た「大局観」
     Aミクロ的視点から見た「大局観」
     B文明論的視点から見た「大局観」 
   第2巻 経済活性化への打開策とは
    榊 原 英 資  慶應義塾大学教授
     @世界レベルで進む構造変化
     A構造変化に対応したビジネスモデル
     B構造変化に対応できる人材モデル
No.8−38
  NEW
  成長し続ける企業になる法
   
 第1巻  「成熟経済社会と生活産業の時代」
    第2巻  「中国古典に学ぶリーダーの条件」